2013年11月13日

DVD検証

K.U.F.Cさんとの試合の映像を確認しました手(パー)

数名から聞いた「内容は良かった」という話は本人からも訂正があったように半分間違いですね。

僕の基準は本来の実力と比較して、実力を発揮できているかどうかですひらめき



もらった映像はぼっくりFCさんとの試合とK.U.F.Cさんとの試合の2本立てでした。

この2試合を比較して、ベンチも含めた声の量が明らかに違いますexclamation

質はともかく量が違うと、客観的に見て熱く戦っているとは感じられないですよね。

実際は気持ちを入れてプレーしていたのかもしれないけど、まだできるということですわーい(嬉しい顔)





前半はK.U.F.Cさんに対応するのに精一杯という感じでした。

自分たちのボールを失うことが多く、相手のポゼッションの方がかなり高かったですあせあせ(飛び散る汗)

失点もこちらのキックインからの失点でしたふらふら



後半に入って良くなってきます。

ポジショニングが良くなったことによって、時間を作れるようになりました手(チョキ)

時間を作れると選択肢も持てるし判断もできます。

そうなるとプレッシャーはかけられにくくなります。

ポゼッション率も高くなり、チャンスメイクの数も増えます。

決定的なチャンスもいくつかありましたサッカー



失点は相手選手の能力で突破されたように見えるけど、実際は守備の初歩的なミスです。

マークが浮いている選手があり、フリーな選手へのアプローチが遅れて、全員のマークがズレて中途半端になってしまったことが原因です。


3失点目は映像で見る限り事故と言えますね。

同じことをやれと言ってもなかなかできないでしょう。

それもゴールを狙う姿勢があってこそなので、相手のプレーが素晴らしかったのは間違いないです。








最初に書いたように、本来の実力を発揮できたかが大事なポイントですひらめき

みんなはよく頑張っていると思います。

ドリブルで突破しろとかもっと走れとかは求めていません。

練習してきたのは一つ一つの局面で何をすべきなのかを考えながらプレーすることです手(パー)



例えばクリアランスを安易に前に投ることは良しとしていません。

それが何故なのか、どうすればいいのかはみんな理解していると思います。

守備に関してはある程度できるようになっていますね手(チョキ)

それが現時点で失点数リーグ3位という結果につながっていると思いますわーい(嬉しい顔)



攻撃面でも同じことが言えます。

例えばセットプレーはcereza/TFDにとって大きな武器ですサッカー

相手の選手がたとえ日本代表選手だとしても、一人一人が役割を果たせばゴールを奪う確率は高いはずですひらめき





残りは3試合のみ。

ようやく今季の目標に対してチームとして意識できてきたことを感じていますわーい(嬉しい顔)


次週は前期1-2で敗れた丸亀ELFさんとの試合です。

個々のスキルが高く、特に得点能力が高い選手がいます。

そこだけで勝負すれば勝てる見込みはないと言えますたらーっ(汗)

考えてプレーすることが問われる試合になりますねグッド(上向き矢印)



それからいい情報があります。

僕は参加できないけど、今季初めて選手が10人揃いまするんるん

みんなで盛り上げて、サポートしあって、全力を尽くしてくれるはずですわーい(嬉しい顔)

その上でいい結果が出ると嬉しいですねグッド(上向き矢印)



posted by トキワフットドーム at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。